富山の河川解禁に釣行

富山の主な河川は6月16日(金)解禁日を迎えた。
待ってました!っと、竿を抱えて北陸新幹線に意気揚々と乗り込んだ。

私達は17日(土)、まず、庄川を攻めてみた。
早朝5時、正力橋下の渕の対岸にはすでに10人程がサオを出していた。

期待の毛バリ「新光清水」は期待通りの反応だが、小ブリなアユばかり。
場所を新幹線下や4ヵ所も移動したが変りはなかった。

12センチから16センチ級が80尾と数は出た。

翌日18日は神通川に入川した。
東京の会員数名は16~17日の2日間の釣果はやはり小ブリだったという。

今年の神通川は渇水でトモ釣りは不振のようである。
私は新保大橋上手の渕にサオを出すと、一投目から17センチ級がサオを絞り、笑みもでる。

地元ファンは腰まで立ち込んでねばっていた。
手前の瀬をポイントにすると15センチから18.5センチの良型がヒットする。

富山の河川解禁に釣行

「竹1号」、「新光紫乃」に一時は入れ食い状態。「八ッ橋五段」もよかった。

相方のナベさんは「興浅」に入れ食い、良型ばかり。

10時半の納竿まで35尾。結局は満足して帰京した。

これからに期待したい。

黒髪 太郎 - 2017年06月22日